ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮澤佐江、渡辺美優紀らAKB・NMB主力メンバー移籍のSKE 「脱名古屋化」で地元複雑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や「AKB48の姉妹グループ」という説明も必要がなくなったSKE48は、名古屋・栄で活動するアイドルグループ。松井珠理奈・玲奈の「ダブル松井」を中心に東海地区出身のメンバーを中心に活動してきた。そんなSKEは、名古屋地区では圧倒的な人気を誇っているが、2月に行われた「大組閣祭り」で他のグループから移籍メンバーが加わり、地元では「脱名古屋化」を危惧する声もあがっている。

AKB、SKE、NMB、HKTは今年2月、主力メンバーをシャッフルする「大組閣祭り」を行った。その結果SKEには、AKBから宮澤佐江、山内鈴蘭、NMBから渡辺美優紀と田中菜津美らが加入。4月25日には新メンバーが加入した”新生SKE”の初公演が行われた。

もともと「会いに行けるアイドル」をキャッチコピーにスタートしたAKBグループだったが、今やその人気は国民的なレベル。しかもSKEにしてみれば今回のシャッフルにより加入したメンバーは、昨年の選抜総選挙10位の宮澤佐江、同15位の渡辺美優紀と、各グループの主力級ばかり。それゆえSKEの地元・東海テレビ(フジテレビ系)は4月28日、「『脱名古屋』ともとれる動きがある」という特集を放送した。

特集では、まず「野球に例えると、巨人や阪神の主力選手が、元のチームに所属しながら中日ドラゴンズを兼任」と、今回のシャッフルを説明した上で、4月25日に行われた公演に密着。渡辺が「SKEさんのファンのみなさんは怖いと思っていた」と涙を流すシーンもあったが、公演は無事に終了。宮澤は「もっと違う何かをプラスした最強のチームを作りたい」と語った。

しかしシャッフルという荒療治により、困惑を隠せないメンバーもいる。今回のシャッフルでSKEに移籍した山内鈴蘭は30日、

「SKE48になって全力でやる、やる気でしかないって言ったけど
なにもできてない」
「こんな自分が嫌、自信ない、けど今できることをやるしかない」
「こんな空気な自分、嫌だよ」

と、Google+で現在の心境を明らかにした。2月の組閣祭りは、サプライズで発表が行われたため、移籍や兼任の発表に呆然とするメンバーが相次ぎ、結果的には複数のメンバーが移籍を拒否。話題性という面ではピカ一のメンバーシャッフルだが、その波紋は各所にあらわれている。

【参照リンク】
・山内鈴蘭-Google+
https://plus.google.com/101637952441360556747/posts 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP