ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

座席が動き風が吹く『アメスパ2』は“4D上映”に注目! GW映画ミーハーセレクション

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


いよいよ明日からGW後半に突入。旅行など遠出する人もいるでしょうが、サクっと行ける手軽なレジャーと言えば映画。話題作が続々と公開されていますが、皆さんはどんな作品に注目していますか? 何が公開されているのかチェックしていなかった! という方に友達、家族とワイワイ盛り上がるのにピッタリなエンタメ作をミーハーにご紹介。

アニメもここまで来たか! 『名探偵コナン』にネイビーシールズが

まず、アニメ作品ではもやは国民的といっても過言ではない『名探偵コナン』、『クレヨンしんちゃん』の劇場版2作品が4/19(土)より公開中。コミックとテレビアニメの双方で絶大な人気を誇る、青山剛昌原作による『名探偵コナン』シリーズの劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』。劇場版第18弾となる本作では、高層タワーで正体不明のスナイパーによる狙撃事件に遭遇したコナンと仲間たちが、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズも絡んだ陰謀に立ち向かっていきます。コナンにネイビーシールズですよ! 攻めてます。

同日公開の『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』ではおバカなギャグと野放図なキャラクターでおなじみの幼稚園児、野原しんのすけが父親の復権をもくろむ組織により父ひろしがロボットにされるも、しんのすけとロボットのひろしが巨大な陰謀を阻止すべく奔走する姿が描かれており、劇場版シリーズ屈指の傑作との呼び声も。

「孤島」と「銭湯」あなたはどちらにトリップする?

一方で邦画作品ではTVシリーズ『相棒』の劇場版、人気漫画『テルマエ・ロマエ』の実写化第2弾が公開中。2002年より連続テレビドラマとしてオンエアされ人気を博す刑事ドラマ「相棒」のおよそ3年半ぶりとなる劇場作品『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』は、骨太なミステリー作で『相棒』ファン以外も楽しめると話題。

同日公開の『テルマエ・ロマエ2』は阿部寛主演、上戸彩出演のシリーズ第2弾。前作で現代日本へのタイムトリップからユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)が再び現代の日本にタイムスリップする。前作興行収入58億円に迫れるか期待がかかります。

「スパイダーマン」は“4D上映”に注目

そして、洋画作品では興行収入100億円突破の『アナと雪の女王』がロングランヒット中。筆者も2回観ましたが、GW中に3回目行っちゃおうかな〜と目論んでます。大作系では『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が4/19(土)より公開中。アメリカを代表するマーベルコミック作品である本作はアベンジャーズ人気キャラクターの一人、キャプテン・アメリカが暗殺者ウィンター・ソルジャーとの死闘を描くアクションで、先日ガジェット通信スタッフもキャップに大変身しました。

もう一つの人気アメコミ作品といえば『アメイジング・スパイダーマン2』。前作で特殊な蜘蛛に刺され、超人的な力を手に入れたピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)が突如、ニューヨークに現れた三大強敵(エレクトロ、グリーン・ゴブリン、ライノ)に立ち向かうスパイダーマン史上、最も厳しい戦いとなる。同時に、恋人グウェン・ステイシー(エマ・ストーン)との関係も物語の大きなターニングポイントとなり、アクションあり、ラブロマンスありの最上のエンターテインメントアクションムービーとなっています。

『アメイジング・スパイダーマン2』は3D演出がすごく、ぜひ3Dで観ていただきたいのですが、さらに進化した最新劇場上映システム「4DX」がシネマサンシャイン平和島に導入。首都圏初(東日本初)となる同システムで、“座席が動く、風が吹く、香りがする、水が飛び散る”といった新たな体感型劇場です。『アメスパ』をまだ観ていない方は、この“4D”を体感してみては?

【関連記事】大ヒット上映中の映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のコスプレをいち早くやってみたった!
http://getnews.jp/archives/557553 [リンク]

【動画】「人のマスクをパクリやがって!」横山緑とスパイダーマンが“マスクマン”対決
http://getnews.jp/archives/566956 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。