ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップルが日本国内でも『iTunes Match』サービスを開始 日本だけ3980円という高い値段に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アップルが『iCloud』のオプションサービス『iTunes Match』を日本でサービス開始した。米国では2011年11月に既に開始していたが、日本国内では著作権の関係でサービスを提供できない状態だった。

値段は年間3980円となっており海外の値段25ドル(約2500円)と比べると少々高くなっている。日本の音楽利権にかかわる価格がこの中に含まれているのかもしれないが、記事執筆時点では定かでない。

『iTunes Match』は『iTunes』から購入した音源だけでなく、自分がCDで購入した音楽や“それ以外の方法で入手した”音楽も『iTunes Match』上にてクラウドで管理しDRMフリーの256Kbps、AAC音源として扱ってくれる。正規購入していない音楽も『iTunes Match』が“正規な音楽”として置き換えてくれるようだ。

楽曲は全てクラウド上で管理され、登録曲は最大2万5000曲となっている。

登録方法は『iTunes』を起動し、メニューにある「Store」から「iTunes Matchをオン」を選択。すると登録画面が出てくるので、そこから支払い手続きを行えばよい。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP