ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『X-MEN』最新作、冒頭1分間が世界最速解禁 バトルシーンがスゴすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全世界で2300億円以上の興行成績を上げている『X-MEN』シリーズが、あらゆるアクション大作の常識を覆す、かつてない領域へと突入!
X-MENの壮絶な戦いを史上最大規模で描く今世紀最大の超大作『X-MEN:フューチャー&パスト』。この本編冒頭映像を、世界最速で上映することが明らかになった!しかも今回、そのうち1分間のバトルシーンも解禁に!!

地球滅亡へのカウントダウンが迫る中、<未来>と<過去>の2つの時代を舞台に、究極のオールスターチームが史上最強の敵との最終決戦に挑むシリーズ最新作。
映画自体は5月30日(金)からの公開だが、ゴールデンウィークの5月3日(土)から5月9日(金)までの1週間を”X-WEEK”とし、映画館チェーンのTOHOシネマズの幕間(劇場入場時から上映開始時間までの間)にて、約3分間の『X-MEN:フューチャー&パスト』本編冒頭映像を世界最速で上映することが決定した。
※上映劇場は『X-MEN:フューチャー&パスト』上映予定のTOHOシネマズ58劇場となります。(一部劇場/作品を除く)

また今回解禁となった1分間のバトルシーンは、荒廃した2023年を舞台に、X-MENたちがそれぞれの能力を駆使して、史上”最恐”の破壊兵器「センチネル」に挑む激しい攻防戦となっており、文字通りの必見シーンとなっている。

【動画】http://youtu.be/rWEig4igP6s

この”X-WEEK”を皮切りに、5月27日(火)には、ウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンが来日。TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催されるジャパン・プレミアに出席する予定だ。この舞台挨拶の模様をライブ中継する先行上映”舞台挨拶生中継付き限定先行上映”も決定。日本でのX-MEN旋風が目前に迫る。

『アベンジャーズ』を凌駕する夢のX-MENオールスターチームが勢揃いし、総製作費250億円以上とも言われるビッグプロジェクト。迫力の冒頭映像の続きはTOHOシネマズで目撃せよ!

『X-MEN:フューチャー&パスト』は5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー

(C)2014 Twentieth Century Fox

【参照リンク】
・『X-MEN:フューチャー&パスト』公式サイト
http://www.foxmovies.jp/xmen/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP