ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビックカメラなどでIntelプロセッサを搭載した7.9インチAndroidタブレット「インテル、はいってるタブレット SI01BB」が発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビックカメラ、ソフマップ、コジマで4月29日に同社オリジナルの7.9インチAndroidタブレット「インテル、はいってるタブレット SI01BB」が発売されました。価格は26,784円です。CMなどでお馴染みの”インテル、はいってる”の通り、Si01BBはIntel Atom Z2580 2.0GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidタブレットです。ディスプレイサイズが7.9インチ1,024×768ピクセル(IPS液晶)のアスペクト比4:3を採用しているので、WEBページや電子書籍などがけっこう見やすいと思います。筐体はアルミ素材で出来ており、厚さは8.5mm、質量は380gと8インチタブレットではスリムで軽量。バッテリー容量は4,000mAhで、連続駆動時間は約8時間となっています(充電時間は約3時間)。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Google Playにも対応しています。メモリは2GB RAM(LPDDR2)と16GB ROMを搭載。カメラは背面に500万画素と前面に200万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、GPS/GLONASSに対応。その他、ステレオスピーカー(リアに2つ)、マイク、加速度センサー、Micro SDカードスロット、Micro USB端子、3.5mmオーディオジャックも搭載しています。Source : ビックカメラ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Android版「ドコモメール」と「しゃべってコンシェル」をアップデート
日本エイサーの"マンガロイド"第3弾 7.9インチAndroidタブレット「Iconia A1-830」が本日発売
Google、Google Playストアにおける販売者登録の申込受付を海外8カ国で新たに開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP