ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンダイナムコ、Androidアプリ「てんしっちのたまごっちSP」をGoogle Playストアにリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バンダイナムコゲームスは5月1日、”たまごっち”シリーズのスマートフォンアプリ第3弾「てんしっちのたまごっちSP」をGoogle Playストアにリリースしました。アプリの価格は400円。対応機種はAndroid 2.3以上を搭載した端末。今回のアプリになったのは1997年に発売された”たまごっち”シリーズ第3弾の「てんしっちのたまごっち」です。本体のデザインや育成キャラクター、ゲーム内で使用するアイテムなどが一新されたバージョンですね。スマートフォンアプリ版にはエンジェルのチョコを奪いに来たコウモリを画面のタップで追い払える独自機能を搭載しています。、アプリの遊び方はおもちゃ版と同じで、当時の”てんしっち”さながらに操作できる「トイモード」とカラー画面・タッチパネル操作で遊べる「スマホモード」を搭載。動作モードはゲームの途中でも切り替えられます。「スマホモード」では、当時のおもちゃ版には無かったカラー表示で”たまごっち”を育てることができます。「てんしっちのたまごっちSP」(Google Playストア)Source : バンダイナムコゲームス



(juggly.cn)記事関連リンク
「Twonky Beam」がv3.6.0にアップデート、画面の自動回転に対応して横向き表示も可能になりました
Android Tips : スクリーンショット撮影時の遅延を無効にして即座に撮影されるようにする方法
Xperia/AOSP NavBar Buttons : Xperiaの操作ボタンを並べ替えたり、メニューや検索ボタンをナビバーに追加できるXposedモジュール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。