ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シカゴ・ゲットー・ハウス筆頭! DJ FUNK来日決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジューク/フットワークにも多大な影響を与えたシカゴ・ゲットー・ハウスの旗手、DJファンクが、7月18日(金)、〈リキッドルーム〉の10周年公演のひとつで来日! 悲しいことはいろいろ起ったけども、シカゴ・ハウスは元気だってこと、彼が証明してくれるでしょう。

それは、もはやダンス・シーンの歴史を変えたひとつの発明!
“Fxxk”とか“Sxxk”などなど、教科書に載らない極めてナスティーな言葉のヴォイス・サンプルのループと、ドラムマシンのファンク。もう、これだけ。だけどダンスフロアは盛り上がる。この方程式を1990年代に最も効果的に使用した、ゲットー・ハウス中興の祖、DJファンク。日本のテクノ・シーンの起爆剤になったミックスCDシリーズ『Mix-Up』では、ジェフ・ミルズも石野卓球も田中フミヤも使ってる。彼がいなければ、日本のテクノ・シーンも…というと、言い過ぎかもしれないが、まぁ、そのぐらいみんな買い求めたものだ。

そしてときは経ち、いまやそれらのレコードも高騰、ニーナ・クラヴィッツがわざわざシカゴに行って〈DANCE MANIA〉のレコードを買ってみたり、〈DANCE MANIA〉や〈CAJUAL / RELIEF〉などのリイシューがリリースされ、そしていま彼が作り出したサウンドの子孫でもある、ジューク/フットワークはベース・ミュージックも巻き込み、大きく盛り上がっている。とにかくいまシカゴのゲットー・ハウスは注目を浴びているのだ。

この来日の機会を見逃すなかれ!
(河村)

詳細はリキッドルーム公式サイトにて
http://www.liquidroom.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP