ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇宙飛行士のいる野外フェス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここは米カリフォルニア州インディオの砂漠地帯「コーチェラ・ヴァレー」。写真のなかではしゃぐ人々の頭上には、手を広げて彼らを見下ろすスマイリーフェイスの巨大な宇宙飛行士が! 

【画像や図表を見る】

これは米国最大級の野外音楽フェスである「コーチェラ・フェスティバル」からの一枚。2014年の同イベントのアイコンともいえるこの宇宙飛行士は、「POETIC KINETICS inc.」というデザイン会社によって製作されたアート作品だ。このオブジェは「平和」と「サムズアップ」をテーマに掲げており、その高さなんと11mもあるそう。

1999年から始まったこのイベントは、毎年2週続けて週末が3連休になる時期に開催され、最新の音楽とアートが楽しめる催しとなっている。毎回わずか数時間でチケットが売り切れてしまうほど、人気のイベントなのだとか。
(R25編集部)

宇宙飛行士のいる野外フェスはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
無音で踊る「沈黙フェス」って?
声にまつわるイベント人気の兆し?
チームラボ、子供も熱狂するアート展
「食×アート」魅惑の世界を堪能
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP