ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡辺俊美による「お弁当エッセイ」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SETや、THE ZOOT16、猪苗代湖ズ)による初の書籍「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」がマガジンハウスより刊行された。

twitter上に度々アップされる画像から、「息子に作る弁当のクオリティが高すぎる! 」と話題になっていた渡辺俊美。(渡辺俊美の弁当を取り上げた過去のototoyニュース→http://ototoy.jp/news/71666 )

同著は、そんな彼がひとり息子とした「高校3年間、毎日お弁当をつくる!」という約束のもと、二日酔いの朝も、早出の朝も、休むことなく作り続けた合計461食にもおよぶ弁当についてのエッセイ。レシピ本としての側面はもちろん、それ以上に弁当を通じた父から息子への愛情がつまった、心温まる書籍となっている。この本を読めばあなたもお弁当デビューしたくなってしまうかも? ぜひぜひ、GW中に読んでみてはいかがでしょうか。(鶯巣大介)

・「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」 詳細(マガジンハウス)
http://magazineworld.jp/books/paper/ 2653/

『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』
渡辺俊美 著
発売日 : 2014年4月30日水曜日
本体価格 : 1500円
定価(税込価格) : 1620円
出版社 : マガジンハウス

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP