ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsung、カメラ機能に特化したAndroidスマートフォン新モデル「Galaxy K Zoom」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungは4月29日、シンガポールで行われたプレスイベントでカメラ機能に特化したAndroidスマートフォン新モデル「Galaxy K Zoom」を正式に発表しました。Samsungはこのようなカメラスマートフォンを今後は「Galaxy K」という新ブランドの下で投入していくとしています。今回の「Galaxy K Zoom」はその第1弾モデルです。Galaxy K Zoomは、Androidスマートフォンとコンパクトデジカメを融合させたスマートフォン。2,070万画素の裏面照射型CMOSセンサー(1/2.3型)、F3.1~F6.3・24~240mmの光学10倍ズームレンズ、キセノンフラッシュ、光学手ブレ補正機能などを搭載しています。カメラ機能では、撮影環境に応じて露出やシャッタースピードなどのパラメータを自動的に調整し、5つの最適な撮影モードを提案して簡単に”プロレベルの写真を撮影できる”とされる「Pro Suggest」機能が追加されました。もちろん、絞りやシャッタースピード、露出などを手動で調節して撮影することもできます。ISO値はAuto/100/200/400/800/1600/3200の範囲で変更可能。動画は最大1,920×1,080@60fpsで撮影可能。前面には200万画素のカメラを搭載しています。Galaxy K Zoomでは、メインカメラを利用した”自分撮り”のために指定された領域に顔が入ると、音と一緒に3枚を連写し、自分の好きなシーンを選択できる「Selfie Alarm」機能が追加されました。また、Galaxy S 4 Zoomで導入されたズームリングはズームレンズ内に収納されるようになりました。これで厚さ16.6mmのスリムボディを実現しています。スマートフォンとしてのスペックは、4.8インチ1,280×720ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ、Exynos 5 Hexaプロセッサ(1.7GHz×2+1.3GHz×4)、2GB RAM/8GB ROM(Micro SD最大64GB)、2,430mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n/、Bluetooth v4.0、NFC、GPS/GLONASSなどに対応。筐体サイズは137.5 × 70.8 × 16.6mm(カメラ利用時20.2mm)、質量は200g。OSはAndroid 4.4.2(KitKat)で、Samsung TouchWiz UXはGalaxy S 5と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Googleアプリを搭載するほか、S翻訳、Sトラベル(トリップアドバイザーのSamsungバージョン)、Sボイス、Samsung Apps、Samsung Hub、Samsung ChatOnなどに対応しています。また、本体には赤外線ポートが備えられており、Samsung WatchOnアプリを通じて家電をリモコン操作することもできます。

Source : Samusng



(juggly.cn)記事関連リンク
Fast Recent Apps Switcher : 最近使ったアプリにサクっと切り替えられるXperia用スモールアプリ
Huawei Honor 3Cが香港とマレーシアで発売
Galaxy S 5の日本向けモデルやWQHD版、未発表のSM-G510シリーズの型番がSamsung公式サイトで確認される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。