ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z2のカメラアプリがCyanogenMod 11を搭載したXperia端末に移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z2のカメラアプリをカスタムROM「CyanogenMod 11」を搭載したXperia端末で利用できるようにする方法がXDA Developersで公開されました。最近のXperiaスマートフォン・タブレットの標準カメラは「Smart Social Camera」と呼ばれるおり、プラグインで機能を拡張できるようになっています。この標準カメラとカメラプラグインがAOSPベースのカスタムROM「CyanogenMod」でも非公式ながら利用できるようになったというわけです。具体的にはカメラUIがXperia Z2/Xperia Z2 Tabletと同じ内容に変わり、タイムシフト連写、Social Live、AR Effect、背景ぼかし、Info-Eye、Vine、Motionshot、Motiongraph For Xperia、Wikitude Places、ボイスバルーンフォト、V1 Sportsなどのカメラプラグインを利用できるようになります。導入方法はXDA Developersで配布されている「Z2SocialCamera.zip」をClockworkModからインストールします。標準以外のカメラプラグインは「Z2CameraAddons.zip」として配布されており、解凍して中のapkを手動でインストールすれば利用できるようになります。ちなみに、Xperia以外のCyanogenMod 11にZIPをインストールしてもカメラは起動しません(既存のカメラアプリも起動しなくなります)。それでも敢えてチャレンジする場合は事前にバックアップを取得しておくことを強く勧めます。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
「Blackphone」はNVIDIA Tegra 4iプロセッサを搭載
SamsungはGalaxy S 5の廉価版かもしれない「SM-G750A」を開発中
"HTC M8 Ace"はプラスチックバージョンのHTC One(M8)のことらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP