ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリでフローティング型のUIを実現できるソフトウェア開発キット「Tooleap SDK」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidアプリでフローティング型のUIを実現できるソフトウェア開発キット「Tooleap SDK」が配布されています。Tooleap SDKを利用すると、Facebookメッセンジャーの「チャットヘッド」のようなフローティング型のアイコンが画面上部に表示され、アイコンをタップすると、画面のサイドから現在の表示内容をオーバーレイする形でアプリを表示できるようになります。例えば、Tooleap SDKを使って開発された「Floating calculator」の場合、画面上部に電卓アイコンが表示され、タップすると電卓パッドがオーバーレイ表示されます。以前紹介した「Floating Mail」もTooleap SDKを使って開発されています。Tooleap SDKは無償ツールで、Android 2.2以上を対象にしたアプリで利用できるそうです。Source : XDA DeveloperesTooleap公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovoの10.1インチフルHDタブレット「Yoga Tablet 10 HD+」は米国では5月初旬に発売
LlabTooFeR氏のHTC非公式アップデートスケジュールが更新、HTC One(M7/M8)のAndroid 4.4.3アップデートが5月~7月に実施されるらしい
2014年Q1の欧州スマートフォンシェア、Androidは70.7%でトップ(Katar調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP