ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

訃報:DJラシャド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまな海外の音楽メディアなどが報じているところによると、シカゴ・ジュークのイノヴェイダーのひとり、DJラシャドが死去した。享年35歳。

現地の警察などによると、その死因は薬物によるオーヴァードーズと見られている。OTOTOYでは、彼の音楽的偉業を称えるとともに、その追悼の意をこめて、シカゴ・ジュークの日本での最も古くからの紹介者、Booty Tuneから、D.J.G.O.に追悼文を寄せてもらった。(河村)

ぼくらだけのヒーローだったラシャドが、またたくまに世界的なアーティストの座に登りつめ、まさに次のステップに進みつつある大事な時期に、あっさりお空の星になってしまいました。スヌープのリミックスするようになるなんて、あの頃想像もできなかった。
シカゴの片隅から世界のダンス・ミュージックの潮流を変えた天才がこの世を去りました。
はじめて聴いたときはぶっとびました。「なんてラフで、なんてソウルフルなんだ⁈ やるしかねぇ!」って。僕のなかでは、クリックハウス、IDM、ブレイクコア、ダブステップ、グライム、2000年代にあらわれたスタイルが飽和し混迷の時期に突如現れた、この音楽に瞬殺されてしまいました。
南部産ビートやボルチモア、マイアミなどのゲトー・ビートを、ぼくらが恋い焦がれたシカゴ・ハウスの文脈から産み出したんだから問答無用ですよ。
そんなジューク・シーンの四番打者だったラシャド。その業績は、語り継がれるだろう。いや、俺はずっと語り続けるし、この音楽を絶やさない。
皮肉なことに、世界リリースされたアルバム名は『ダブル・カップ』。コデイン・シロップのエナジー・ドリンク割りだ。大好物くって昇天してしもた。
日本ツアー、ドタキャンで冷や汗かきながらdommune出演から2年。やっとこないだUNITで本人に出逢えた矢先すわ。うちらの執拗なアンコールにつきあってくれたことは忘れません。AIRMAX90似合ってたで。
人は死にます。音楽は永遠です。(D.J.G.O.)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP