ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、2013年度は1,378万台のスマートフォンを販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモが4月24日に発表した2014年3月期の決算によると、2013年度通期のスマートフォン販売台数は期初の予想を大幅に下回る1,378万台だったことがわかりました、端末の総販売台数は前年同期比4.4%減の2,251万台。このうち、スマートフォンは前年同期比3.7%増の1,378万台でした。2012年度のスマートフォン販売台数の伸びが50.7%だったので、2013年度はかなり鈍化したことになります。ドコモは期初に1,600万台の通期販売台数を予想していたので、その予想を大幅に下回るものにもなります。スマートフォンの契約者数は2012年度通期の1,870万人から2,435万人に増加。スマートフォンの普及やXiエリア・Xi対応機種の拡大によってXi契約者数も前年同期比89.9%増の2,197万契約に増えました。ドコモは2013年度の第3四半期にiPhoneを導入しましたが、Androidスマートフォンの販売台数の減少などによってスマートフォン全体の販売台数は2012年度からわずかしか増加していないものの、導入前は2012年度よりも少なかった純増数が、iPhone導入後は2012年度を倍近く上回る数に増えており、純増数の改善に対する導入効果はあったとしています。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z2(D6503)の台湾モデルに「17.1.A.2.69」ビルドへのアップデートを配信開始
CyanogenMod端末で最新のWalkmanアプリ(8.3.A.0.2)を利用する方法
Samsungの小型ミッドレンジモデル「Galaxy Core 2」の製品画像とスペック情報が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP