体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レノボ・ジャパン、ネットブック『IdeaPad S10-3s』とノートPC『IdeaPad Y560』発売へ

IdeaPad S10-3s

レノボジャパンは、ネットブック『IdeaPad S10-3シリーズ』の新製品『Idea Pad S10-3s(エステンダッシュスリーエス)』および、コンシューマ向けノートパソコン(PC)の最上位機種『IdeaPad Y560』を発表、4月23日より順次発売します。価格はオープン。

『IdeaPad S10-3s』は、ネットブック『IdeaPad S10シリーズ』の第3世代シリーズ。インテルの最新ネットブック・テクノロジー『インテル Pine Trail-M platform』を採用し、パフォーマンスの向上と省電力を同時に実現しました。前機種よりもさらにスリム化し、天板にはメタリックな質感をほどこしたデザインを採用。カラーはパールホワイトのみです。

IdeaPad Y560

『IdeaPad Y560』は、コンシューマ向けノートPC『IdeaPad』の最上位機種である『Yシリーズ』の新製品。CPUは『インテル Core i7-720QM』または『インテル Core i5-430M』から選択可能で、ブルーレイドライブを内蔵したほか『JBLスピーカー』も採用するなど、高品質な映像や音楽などのエンターテインメントを楽しめる仕様です。従来機種と同様に、PCのディスプレーとサウンド・エフェクトをノーマルからムービーモードに簡単に切り替えられる『OneKey Theater』も採用しています。カラーはダークブラウンのみです。
 
『IdeaPad S10-3s』の主な仕様
CPU:インテル Atom N470プロセッサー
OS:Windows 7 Starter(正規版)
ディスプレー:LEDバックライト付 10.1型ワイドTFT液晶(1024×600ドット、1677色、光沢あり)
HDD:250GB
メモリー:最大2GB
バッテリー駆動時間:最長約7.5時間(6セルバッテリー搭載時)
サイズ:W270×H168×D16~23.9mm
重さ;約1.2kg
※『Microsoft Office Personal 2007』2年間ライセンス版搭載モデル、非搭載モデルあり
 
『IdeaPad Y560』の主な仕様
CPU:インテル Core i7-720QM/インテル Core i5-430Mから選択可能
OS:Windows 7 Home Premium(64bit)正規版
ディスプレー:LED バックライト15.6型 HD(1366×768ドット、1677万色、光沢あり)
HDD:500GB
メモリー:4GB(DDR)
バッテリー駆動時間:約4時間(6セルバッテリー搭載時)
ブルーレイドライブ、マルチタッチ・タッチパッド、ウェブカメラ(130万画素)搭載
Microsoft Office Personal 2007搭載
 
 

■関連記事
日本HP、ヴィヴィアン・タム氏デザインのノートPC 『HP Mini 210 Vivienne Tam Edition』発売
約14.4時間のバッテリー駆動を実現したネットブック『MX1007A4』オンキヨーから発売
『LaVie』『VALUESTAR』シリーズ6タイプ47モデルを発表! 個人向けラインナップを強化

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。