ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タスク自動化サービス「IFTTT」のAndroidアプリが正式リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タスク自動化サービス「IFTTT」のAndroidアプリが本日リリースされました。IFTTTは、「if this then that」というプログラミングのIF文に沿って、「this」にトリガーを、「that」にアクションを登録することで、端末や他のWEBサービスを横断した様々なタスクを自動化できるというものです。各タスクは「レシピ」と呼ばれおり、アプリ内で複数作成することが可能です。トリガーとアクションに設定できる機能やWEBサービスは「チャンネル」と呼ばれており、Android端末の機能だけではなく、Gmail、Facebook、Instagram、Evernote、Dropboxなど、様々なWEBサービスがサポートされています。レシピは自分で作成することもできますが、コミュニティに共有されたレシピをダウンロードして利用することもできます。また、自分で作成したレシピをコミュニティで共有することもできます。例えば、(ベストプラックティスとは言えませんが)外出時を想定してWi-Fiアクセスポイントから切断すると着信音をミュートするタスクを自動化するレシピを作成する場合、トリガーに「Android Device」の「Disconnects from any Wi-Fi network」を、アクションに「Mute ringtone」を設定します。IFTTT」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、ワールドカップ試合会場のあるブラジル12都市でGoogleマップの乗換案内サービスを提供開始
サンコー、スマートフォンのカメラ撮影で窓ガラスや水面の映り込みを除去してくる「クリップ式スマホ&タブレット用偏光レンズ」を発売
Samsung、Galaxy Note IIのAndroid 4.4.2アップデートをフランスで開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP