ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40代からは漢方でモテる。デキる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


■女は漢方で美しくなる。男は漢方でタフになる
 女性の体が最高に充実しているのは、28歳のとき。男性は32歳のとき。
 女性は35歳から衰えはじめ、男性は40歳から衰えはじめます。40歳前後になると、「疲れやすくなった」「ストレスを感じやすくなった」と感じるのは、それが原因です。
 ただ、そのような不調は、西洋医学ではなかなか治らないもの。
 40代からの体と心には、東洋医学の漢方が一番効くのです。
 『40代からは漢方でやせる。若くなる』(久保田嘉郎/著、三笠書房/刊)では、漢方を上手に使って、「病気にならない」「疲れない」「太らない」「美しくなる」「強くなる」簡単なコツを紹介しています。
 要は、40代からモテたい。仕事もバリバリこなしたい。プライベートをもっとエンジョイしたいなら、「漢方を飲みなさい」ということなのです。

■漢方は100%天然のもの。だから体にやさしい
 西洋の薬は、化学物質を合成してつくられています。だから、40代以上の疲れた体と心には、今ひとつ合いません。
 その点、漢方薬は、100%天然のもの。
 ニンジン、ショウガ、甘草、桂皮など、自然界の植物や鉱物をもとにしてつくられています。大自然の恵みを頂いているので、40代以降の疲れた体と心には、とてもやさしいのです。
 これが40代から漢方が効く、最大の理由です。
 また、漢方を服用することで、大自然のパワーをそのまま体内に取り入れることができます。漢方に、私たちが本来持っている自然治癒力を高め、体を内側から整える力があるのは、そのためです。

■意外に簡単。「じんわり効く」快感
 ただ、「漢方」と聞くと、「むずかしそう」「うさん臭そう」と思う人もいるようです。ただ、薬剤師の私にしてみれば、漢方ほど「簡単」で「うさん臭くない」薬も珍しいのです。なぜだかわかりますか?
 漢方薬ほど、「伝統と実績のある薬」は、この地球上にそうはないからです。
 例えば、漢方でもっともメジャーな葛根湯は、2000年以上にわたって飲み続けられてきました。この歴史の長さこそ、漢方が安心して飲めるうえに、私たちの体に合っている証拠です。

 この本では、「もっとも効く漢方」を、体と心の症状別にわかりやすく紹介してあります。どれもこれも簡単に手に入り、簡単に試せるものばかり。
 私には、漢方の「じんわり効く」快感がたまりません。
 今日から、一人でも多くの人に、漢方の「驚くべき大自然のパワー」を体感してほしいと思います。
(著者・久保田嘉郎)



(新刊JP)記事関連リンク
紫外線、シミ、むくみ・・・春の悩みの改善法
漢方で読み解く “花粉症”の対処法
どん底に落ちた薬品メーカーを救った男の“信念”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP