ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デタラメなゴムバンドをデザインするとデタラメなムービーがTVショー感覚で楽しめるAGFの『エコぱっちんコロシアム』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


みなさん、インスタントコーヒーが切れたらどうしてますか? 通常、瓶入りで売られているインスタントコーヒー。瓶入りを新しく買う人もいれば、袋入りを買って瓶に詰め替える人もいるのでは。AGFは、袋入りのままでインスタントコーヒーを保存できるゴムバンド『エコぱっちん』を提供開始。詰め替え用として販売していた袋入りの『Blendy』と『MAXIM』に付属して販売しています。これを記念してウェブサイト『エコぱっちんコロシアム』を4月25日に公開。ウェブ上でオリジナルデザインの『エコぱっちん』を作ると、結果に応じたコンテンツが楽しめる仕掛けになっています。このサイト、過去に氷のウェブサイトやヒゲ型ウェアラブルデバイスを作ったAGFが気合十分でデタラメなエンタメを提供してくれるのです。


ジェネレーターでオリジナルデザインを作ってSNSでシェア、というキャンペーンはよく見かけますが、『エコぱっちんコロシアム』はそんなもんじゃありません。まずデザインの工程を見ていきましょう。最初はバンドの素材を選択します。布や皮など一般的なものも選べますが、なぜか毛がフサフサの素材まで!


続いてベースカラーを選択。ゴムバンドにありそうな一般的なカラーパターンのほか、アーガイル柄や迷彩、グラデーションパターンなども用意。デザインはバンドの3Dモデルをマウスでグリグリ回して確認できます。


次にデコレーションするパーツを選ぶのですが、これがいろいろおかしい。ハート、星、リボンなどは普通ですが、ハードロック調のスパイクやスカル、日本風のサクラ、フジヤマ、鶴、小判、鯛、テック系(?)のソーラーパネル、電卓にテスラコイル、高級品の松茸やダイヤなどをラインアップ。デタラメです。


最後に名前を入力したら完成です。現実には絶対作れない、世界にひとつだけのオリジナル『エコぱっちん』ができました。


すると画面にデカデカと「JUDGE」の文字が。


ん? 画面が急にテレビみたいに変化。「Eco Pacchin Show」?


デザインした『エコぱっちん』を紹介してくれてますが、さっきまでのカッコいい3Dモデルがイラストみたいな絵に。


司会者風の男が登場。この人誰?


スタジオにいる審査員3人が、電光掲示板に得点を発表します。懐かしい雰囲気。でも点数は渋く、筆者のデザインは合計18点でした……。


続いて「WATCH THE HOW TO USE」の文字が。


『エコぱっちん』を引っ張る映像に、「Eco Pacchin Stress Test」のナレーション。ストレステストをやってるそうですが、引っ張るのは人力というシュールな映像が再生されました。なんだこれ……。


最後は出演者がステージ上で踊って番組終了。なんなんだこれ……。

この『エコぱっちんコロシアム』、ゴムバンドをデザインするだけではなく、そのデザインについた得点に応じて『エコぱっちん』の使い方をアメリカのバラエティショー風に見せてくれるのがキモなのです。しかもその映像は70年代風。3DCGから70年代風映像までと、振り幅大きすぎです。




デザインを変えると得点が変わるのでいろいろ試してみると、古くは遣唐使が巻物を巻いたり船の補修に使っていたとか、手首に巻いて歌い踊る歌番組があったり、パスタを巻く器具として通販番組で売られていたりします。はい、デタラメですね。


柳家小せん師匠による、ご隠居が八っつぁんに『エコぱっちん』のいろいろな使い方を指南する落語もあったりします。

動画何本撮ってるんだよ! やりすぎだろ! とツッコんでいる間に、気がつくと動画見たさにいろいろなデザインを試してしまう『エコぱっちんコロシアム』。シャレが分かる大人はコーヒーを飲みながら楽しんでみてください。

エコぱっちんコロシアム
http://eco-pacchin.jp/colosseum

参考記事:
「氷でウェブサイト作りました」 AGF『STICK ICE WORLD』の職人技がスゴい
http://getnews.jp/archives/375984

iPhoneと連携してカフェラテを3倍おいしく飲める ウェアラブルデバイス『Higerable Device』レビュー
http://getnews.jp/archives/542782

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP