ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いいよねっと、Garminのリストバンド型活動量計「vivofit日本正規版」を5月19日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GPSデバイスの雄 Garminの国内正規代理店 いいよねっとは4月24日、Garminのリストバンド型活動量計「vivofit日本正規版」を発売すると発表しました。発売予定日は5月19日です。vivofit(ヴィヴォフィット)の国内定価は15,278円(税別)となっています。vivofitは腕に巻いて生活することで、日々の歩数や移動距離、消費カロリーなどの活動データや睡眠時間を記録できる製品です。時計としても機能しますが、ForerunerなどのスポーツGPSとは違ってGPSレシーバーは非搭載となっています。また、水深50mまでの防水に対応するほか、四六時中装着する利用スタイルを採用しているので、電池交換不要で1年は持つされています。電池はユーザーで交換することもできます。vivifitではANT+とBluetoth v4.0のワイヤレス通信に対応しており、スマートフォンやタブレット、PCを介してGarmin Connectにデータをアップロードしたり、vivofitで取得した活動データを端末上で閲覧したり、分析することができます。Garmin ConnectのWEBサイトやアプリではGPSウォッチのワークアウトデータと同じように日々の運動データや睡眠時間などの活動データを閲覧することができます。ANT+の心拍ベルトとも連携可能なので、リアルタイムの心拍数を確認したり、トレーニング中の心拍ゾーンをログに記録することもできます。同梱品はvivofit日本正規版本体リストバンド(Lサイズ ブラック)、リストバンド(Sサイズ ブラック)、USB ANTスティック mini、日本語操作マニュアル。製品同梱のリストバンドはブラックのみですが、別途、サイズ別に3色のリストバンドがセットで販売されます(各3,500円)。また、vivofit対応の心拍センサー「プレミアムハートレートセンサー」も8,000円で販売されます。Source : PRTimes(プレスリリース)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z用のAndroid 4.4.2ファームウェア「10.5.A.0.227」のスクリーンショットが公開
HTC、HTC Butterflyの米Verizonモデル「Droid DNA」にAndroid 4.4.2アップデートを配信開始
タスク自動化サービス「IFTTT」のAndroidアプリが正式リリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP