ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1カ月ごとに産地が変わる東京・神田の郷土料理店

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月22日の「スーパーニュース」(フジテレビ系、毎週月~金曜午後4時50分)で、取り扱う素材の産地を、特定の市町村に絞った新形態の店舗を特集し、「なみへい」(東京都中央区)が紹介された。

東京・神田にある「なみへい」は、今ブレークしているという産地限定店舗の一つ。店内には宮城県石巻市の北上町十三浜産のわかめを使った「わかめのしゃぶしゃぶ」を食べている客の姿があり、店内の壁には、奈良・曽爾(そに)村、長野・木祖村といった全国各地の市町村のメニューが並ぶ。同店では各市町村が協賛金30万円を出し合って、1カ月限定で地元の料理を提供している。壁に貼られたのは過去に提供された各地のメニューだという。

同店オーナーは「1カ月ごとに、対象の市町村とメニューを替えて営業しています」と店舗の特徴を説明。市町村規模に絞ったことで素材を限定でき、メニューをじっくり開発できるようになったといい、同店を訪れている客からは「何回も来ているけどおいしい」「知らないものがいっぱい出てきていい」「旅行に来ている気分になる」といった意見が聞かれた。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:なみへい(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:神田×和食のお店一覧
1カ月ごとに産地が変わる東京・神田の郷土料理店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP