ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、プロジェクター内蔵スマートフォンの新モデル「Galaxy Beam2(SM-G3858)」の製品ページを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが中国向けの公式サイトでプロジェクター内蔵スマートフォン「Galaxy Beam2(SM-G3858)」の製品ページを公開しました。Galaxy Beam2はやはり実在したようです。Galaxy Beam2は、4.66インチ800×480ピクセルのTFT液晶ディスプレイと1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン。中国向け公式サイトに掲載されているのは、GSM/WCDMA/TD-SCDMAに対応した中国移動版と呼ばれるものです。グローバルモデルではありません。気になるプロジェクターの仕様については、”プロ仕様のミニプロジェクターを搭載している”ことや投映解像度が800×480ピクセルであること以外は記載されていません。筐体はGalaxy Beamのプラスチック素材を多様したポップなカラーリングのものからメタリック質感のカラーリングに変更されています。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)、メモリ容量は未公開、Micro SDカードスロット、背面に500万画素カメラ、2,600mAhバッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/WCDMA/TD-SCDMA、AGPS/GLONASSなどに対応しています。筐体サイズは134.5 x 70 x 11.64mm、質量は165g。Source : Samsung China



(juggly.cn)記事関連リンク
5月7日に発表される「Ascend P7」の主要スペックが伝えられる
Galaxy S 5のTouchWizを再現しつつも高機能なホームアプリ「Galaxy Launcher (TouchWiz)」が正式リリース
64bit対応のAndroidスマートフォンは年内に登場する見込み、ARMの上級副社長がコメント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP