ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噂の低価格NexusスマートフォンにはMediaTekのLTE対応64bitプロセッサが採用されるとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがMediaTekプロセッサを使用した$100未満の低価格Nexusスマートフォンを開発しているという噂に関する新情報が台湾メディアの聯合理財網で報じられていました。同サイトによると、噂のNexusスマートフォンにはMediaTekのLTEに対応した64bitプロセッサが採用され、2014年下半期中に発売される見込みとのことです。この条件に合致するMediaTekプロセッサといえば、「MT6732」と「MT6752」が年内に出荷されます。この2つは中~高価格帯のスマートフォン向けのSoCで、ARMv8ベースのARM Cortex-A53×4基(CPUクロック数は最大1.5GHz/2.0GHz)とARMの現行最上位モデルとなるARM Mali-T760 GPUを採用しており、IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、Miracast、GPS/GLOASS、FMチューナーをサポートしたコンボチップ、GSM/WCDMA/DC-HSPA+/TD-SCDMA/TD-LTE/FDD-LTEをサポートしたマルチモードモデムを搭載しています。。Source : 聯合理財網



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「ヤフオク!」のウォッチリスト画面がリニューアル
小米科技(Xiaomi)の「Mi3S」はSnapdragon 801 2.5GHzと3GB RAMを搭載?
いいよねっと、Garminのリストバンド型活動量計「vivofit日本正規版」を5月19日に国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。