ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Tips : 「Googleカメラ」を端末の自動回転を有効にすることなく横向き表示にする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Google純正カメラアプリ「Googleカメラ」を端末の自動回転を有効にすることなく横向き表示にする方法を紹介します。先週リリースされた「Googleカメラ」はシンプルなUIで使いやすく、「レンズぼかし」といった面白い機能も搭載しており、気に入ったという方はけっこう多いと思います。しかし、アプリに自動回転機能は搭載されていないようなので、端末側の自動回転を有効にしないと一般的な横向きでの撮影ができません。この仕様に困っている方もきっと多いはず(現行バージョン:v2.1で)。それではこの問題を解決する方法を紹介します。その方法というのはアプリ単位でUIの向きを制御できる「Rotation Manager」を使用して、Googleカメラを常に自動回転有効の状態に設定することです。これだと、端末の自動回転が無効の状態でもGoogleカメラは回転するようになります。設定は簡単です。リストの「カメラ」(Googleカメラアイコン)右にある2つの端末アイコンを両方ともONにするだけ(青色に変わります)。画面右上のアイコンをタップし青色に変化させてサービスを有効にすることをお忘れなく。Rotation Managerは他のアプリの向きも変更できるので、例えば、YouTubeといった動画アプリをGoogleカメラと同じ内容に設定にすると、端末の自動回転を有効にすることなく、端末を傾けるだけで横向きになります。「Rotation Manager」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
国内携帯・PHSキャリア6社、キャリアメールやSMSの絵文字をUnicodeに共通化、5月より順次実施
ゼンリンとNEXCO東日本、高速道路料金やルート、渋滞情報を確認できる「ドラぷら」のAndroidアプリをリリース
Samsung、プロジェクター内蔵スマートフォンの新モデル「Galaxy Beam2(SM-G3858)」の製品ページを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。