ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7種類の鎌倉野菜を使った「鎌倉やさい天丼」 相模湾の幸「生しらす丼」も人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月21日の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)では、「大好評『お得きっぷで巡る旅』第10弾 700円で乗り放題 鎌倉・江の島の旅」を特集し、鎌倉市の天ぷら・懐石料理店「鎌倉 秋本」を紹介した。

JR鎌倉駅近くにある「鎌倉 秋本」は、長いときは2時間待ちも当たり前という人気のお店だ。相模湾でとれた生しらすと釜揚げしらすを同時に楽しめる「生しらす丼」が人気だが、鎌倉野菜7種類を使った「鎌倉やさい天丼」も看板メニューとなっている。鎌倉やさいとは、鎌倉ブランド登録農家が育てたブランド野菜。「鎌倉やさい天丼」の野菜は季節ごとに変わり、取材当日は紅しぐれ大根、菜の花、ブロッコリー、ロマネスコ、ニンジン、エノキダケ、さつまいもが使われていた。味がしっかりした鎌倉野菜を引き立たせるため、同店では衣を極力薄くするなど工夫を重ね、サクッとした仕上がりを生み出している。

同店の高橋さんは、「お野菜の味がすごく濃いので、天丼にすると甘みが凝縮される」と語った。利用客は、「ニンジンが甘い。イメージしていたのと違って、おいしかったです」と話していた。

話題のお店に追加取材!

 新鮮食材を使った和食料理が味わえる、鎌倉の有名店「鎌倉 秋本」。

 料理長、高橋さんのオススメメニューは、「生しらす丼」と「鎌倉野菜の天ぷら」がセットになった「鎌倉づくし」(2000円 税抜き)。人気の2品が味わえるだけあって、1番人気のメニューだ。

 「もともと県内の食材は使っていなかったが、鎌倉野菜に出合ってから、そのおいしさに感動し、店で提供するようになった」と、高橋さん。長年付き合いのある契約農家から野菜を仕入れているのだそうだ。

 番組で紹介された「鎌倉やさい天丼」(1300円 税抜き)は、春夏秋冬で天ぷらの内容がかわり、旬野菜が堪能できる。また、継ぎ足しで作られたタレにも高橋さんのこだわりが。カツオ、コンブ、シイタケの旨みが凝縮されたタレは、鎌倉野菜の甘みを引き立たせており、グレードの高い天丼に仕上がっている。

 一方の「生しらす丼」(1300円 税抜き)は、同店の売れ筋メニューで、ぷりっとした食感の朝どり生しらすがやみつきになると評判。4~12月限定の販売で、入荷がない場合もあるので、お問い合わせを忘れずに。

 高橋さんに今後、目指していくことを訊ねたところ、「鎌倉周辺には海の幸や山の幸がたくさんある。料理を通じて、鎌倉の良さが伝わるような店になればうれしい」と語ってくれた。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:秋本 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:鎌倉のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:鎌倉×和食のお店一覧
なかなか予約も取れない!? 成城石井が初めてオープンしたワインバー

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。