ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャパンディスプレイ、4K解像度を実現した10.1インチのタブレット向け液晶パネルを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャパンディスプレイ(JDI)は4月23日、4K解像度を実現した10.1インチのタブレット向け液晶パネルを開発し、サンプル出荷を開始したと発表しました。遂に10.1インチタブレットも4K時代に突入ですね。JDIの開発した液晶パネルは、対角25.58cm(10.07インチ)で解像度3,840×2,160ピクセル(438ppi)を実現しています。市販されている10.1インチの”高解像度”パネルとしては、2,560×1,600ピクセル(WQXGA)が主流なのですが、画素密度はWQXGA版の約299ppiに比べて約46%も向上しています。JDIは今回の液晶パネルをLTPS(低温ポリシリコン)技術を適用しており、特に消費電力で従来のアモルファスシリコンTFTの10.1インチWQXGAパネルと同程度にまで抑えられたとしています。ユニット寸法は231 x 140.9 x 2.35mm。NTSC比は71%。コントラスト比は1100:1。視野角は上下/左右160度。輝度は最大400cd/m^2、消費電力は2,180mW(バックライト 1,800mW:白400cd/m^2時+パネル380mW)。Source:ジャパンディスプレイ



(juggly.cn)記事関連リンク
mato*memo まとめも : 端末を振るだけでクリップボードの内容をメモ保存できるメモアプリ、"とりあえずメモっておく"動作を楽に行えます
動画で会話の様子を見ながら英語を学べるスマートフォン向け無料英会話学習サイト「Journish!」がオープン
ZTEは5.2インチフルHDディスプレイを搭載した「Nubia X6 mini」を開発中?プレス画像も流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP