ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、欧州向けGalaxy S 5 WQHD版(コードネーム:”KQ”)でExynos 5430プロセッサ、Intel XMM7260モデムを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの幹部は否定していますが、ベンチマークサイトやインドの輸出入DBなどで存在することが確認されているWQHDディスプレイを搭載したハイエンドスマートフォンの確からしい情報がSamMobileで公開されました。同サイトでは、ハイエンドモデルのことをGalaxy S 5noWQHD版(コードネーム:KQ)と呼んでいます。既存のGalaxy S 5には”K”のコードネームが割り当てられているので、”Q”を含むWQHDのことを最大の違いとしている印象を受けますね。同サイトで公開されたアプリのソースコード?には”Samsung KQ LTE EUR revision 00 board(EVT1) based on EXYNOS5430 with Intel modem”という説明文や”kqlte_eur_open”、”INTEL XMM7260″といった情報も記載されています。既存のGalaxy S 5には、3G版に”k3g”、LTE版には”klte”のコードネームが割り当てられています。画像の情報などをまとめると、WQHD版は5.2インチ2,560×1,440ピクセルのディスプレイ、Exynos 5430プロセッサ、IntelのLTE対応モデム「XMM7260」を搭載した欧州モデルになります。同サイトによると、Exynos 5430はGalaxy Note 3やGalaxy S 5 3G版に搭載されているExynos 5422の改良版で、Cortex-A15×4 2.1GHz+Cortex-A7×4 1.5GHzのCPUとARM Mali-T6XX 600MHz GPUを内蔵した20nmプロセスのアプリケーション・プロセッサとのことです。CPUとGPUクロックが引き上げられていますね。それだけではなく、HEVCのハードウェアデコーダーや”SEIREN”と呼ばれるCortex-A5ベースのオーディオプロセッサも組み込まれているそうです。欧州モデルにはIntelモデムが搭載されているようなのですが、韓国モデル”kqlte_kor”には”Shannon300”(SS300)と呼ばれるSamsung独自のLTEモデムが搭載されているそうです。韓国モデルについては、GFX Benchに登録されている情報から、Exynosプロセッサではなく、Snapdragon 805が搭載されています。同サイトによると、韓国モデルには地上DMBのチューナーも付いているそうです。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Operaブラウザ」がv21にバージョンアップ
中国 OnePlusがCyanogenMod 11Sを搭載した第1弾スマートフォン「OnePlus One」を正式発表、16GBモデルは$299(約31,000円)、64GBモデルは$349(約36,000円)
ジャパンディスプレイ、4K解像度を実現した10.1インチのタブレット向け液晶パネルを開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP