ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

園子温映画と共演!? 水曜日のカンパネラ、レコ発イベントを東京、京都で開催!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日4月21日、水曜日のカンパネラが、タワーレコード新宿店で3rdミニ・アルバム『シネマジャック』の発売記念インストア・ライヴを開催し、6月15日と27日に同アルバムのファイナル・イベントを東京、京都の映画館で開催することを発表した。

月曜日にも関わらず大入りのタワーレコード新宿店の7Fフロアに登場したボーカル・コムアイ。栄養ドリンクの名前を羅列し歌う、サラリーマンのお疲れ讃歌とも言える「ランボー」から始まり、北斗の拳をモチーフにした「ラオウ」と立て続けに歌い場を湧かす。続く「二階堂マリ」からは椅子を取り出し、椅子の上からパフォーマンス。続く「モスラ」では、客席内を縦横無尽に歩き回りお客さんに絡み出す。そして、「マリー・アントワネット」では、〈お菓子を食べれば良いじゃない! フランス革命!!〉という歌詞でコール&レスポンス&お菓子投げ。ラストは、「ムラムラした時はこの曲で自分を慰めてください」という前振りと共に園子温監督の映画『恋の罪』を題材にした「ミツコ」でしめ、水曜日のカンパネラの魅力が存分に詰まったインストア・ライヴとなった。

5月10日のタワーレコード横浜ビブレ店までインストア・ライヴは3会場で行われ、ファイナル・イベントとなる〈シネマジャックは恋の罪〉では、アルバムの文字通り映画館をジャック。今作のリード曲でもある「ミツコ」の題材となった園子温監督の『恋の罪』を上映し、ライヴを行なう予定だという。この機会に是非、水曜日のカンパネラの『シネマジャック』の世界を味わってみてはいかがだろう。(ねるねるね〜るね西澤)

・写真撮影 : 藤代雄一朗
・『恋の罪』 : (c)2011「恋の罪」製作委員会

・タワーレコード新宿店・セットリスト
1. ランボー
2. ラオウ
3. 二階堂マリ
4. モスラ
5. マリー・アントワネット
6. ミツコ

〈シネマジャックは恋の罪〉
京都編
2014年6月15日(日)立誠シネマプロジェクト
一部〈LIVEのみ〉
開場 12:00 開演 12:30 終了 14:00
料金 : 2,000円 / 自由席
内容 : 【LIVE】水曜日のカンパネラ(40分)、ほか1組

二部〈上映+LIVE〉
開場 14:30 開演 14:45 終了 17:45
料金 : 2,000円 / 自由席
内容 : 【上映】「恋の罪」(144分)
【LIVE】水曜日のカンパネラ(16分)

東京編
2014年6月27日(金)渋谷・AUDITORIUM
〈上映+LIVE〉
開場20:40 開演20:50 終了23:50予定
料金 : 2,000円 / 自由席
内容 : 【上映】「恋の罪」(144分)
【LIVE】水曜日のカンパネラ (16分)

・インストア・ツアー
2014年4月27日(日)タワーレコード広島店 店内イベントスペース
2014年4月29日(火・祝)タワーレコード福岡店 店内イベントスペース
2014年5月10日(土)タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース

・OTOTOYでハイレゾ音源配信中!! : http://ototoy.jp/feature/2014022605
・水曜日のカンパネラ HP : http://www.wed-camp.com/
・水曜日のカンパネラ Twitter : http://twitter.com/wed_camp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP