ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「AQUOS PHONE Xx 206SH」にS0012ビルドへのアップデートを配信開始、音声操作後の再起動問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは4月22日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 206SH」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回はAndroid 4.2バージョンにおける不具合解消を目的としたアップデートです。具体的には、音声操作を終了した後に稀に端末が再起動する事象が改善されます。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。206SHの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「ソフトウェア更新」→「実行」をタップすることで、アップデートを即時実施することができます。アップデート後のソフトウェアビルドは「xx」です。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3のスクリーンショットがまた流出
Sony Mobile、アプリUIをリニューアルした「アルバム(6.0.A.0.26)」と「Walkman(8.3.A.0.2)」を配信開始
カシオ、Androidスマートフォン・タブレットとの連携機能を搭載した超短焦点プロジェクター「XJ-UT310WN」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP