ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 5のSuper AMOLEDディスプレイはGalaxy S 4よりも明るく、屋外でもけっこう見やすくなりました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S 5(SM-G900F)」の屋外におけるディスプレイの明るさを前作Galaxy S 4と比較してみました。Galaxy S 5のディスプレイには、これまでのGalaxy Sシリーズと同様に有機ELのSuper AMOLEDが採用されています。ディスプレイサイズは5.1インチで、解像度は1,920×1,080ピクセルという仕様です。Super AMOLEDディスプレイは、液晶よりも発色が良く、画像や映像を超鮮やかに表示してくれます。それだけではなく、タッチレスポンスが高速だったり、視野角が広かったり、画素自体が発光するため、消費電力も液晶と比べて低いところが有利な点です。しかし、最大輝度が多くの液晶端末よりも低いため、屋外で見づらいという弱点を持っています。添付した写真の左側はGalaxy S 4、右側はGalaxy S 5です。それぞれ輝度をMAXにした状態でWEBページとGoogle Playストアを表示してみました。写真をご覧になればGalaxy S 5の方が圧倒的に見やすいことがわかります。肉眼で見ても、やはり、Galaxy S 5の方が明るく、屋外でGalaxy S 4よりも文字などが見やすかったです。しかし、スマートフォンの中でも超明るい液晶を搭載したHTC Oneシリーズに比べれば視認性は劣ります。



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3のスクリーンショットがまた流出
Sony Mobile、アプリUIをリニューアルした「アルバム(6.0.A.0.26)」と「Walkman(8.3.A.0.2)」を配信開始
カシオ、Androidスマートフォン・タブレットとの連携機能を搭載した超短焦点プロジェクター「XJ-UT310WN」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP