ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z2中国移動版(L50t)の開封写真、筐体仕様がグローバルモデルと若干異なる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国で最近発売された「Xperia Z2」の中国移動版(L50t)の筐体仕様がグローバルモデルと少し異なることが明らかになりました。以前も中国版は2種類のXperia Z2が存在するらしいということを紹介しましたが、どうやら事実だったようです。L50tはTD-SCDMAとTD-LTEにも対応しており、グローバルモデルとは通信機能の面も若干異なっていますが、筐体仕様にも違いがあったのです。グローバルモデルでは左下にあるストラップホールが中国移動版には無かったり、右側面にあるMicro SDカードスロットが左側面のスロットと入れ替わっていたり、下部のメッシュ部分がそのままだったりと、全体的にはXperia Z1に近いものとなっています。箱の裏面に目をやると、カラバリはブラックとホワイトの2色だけであることも確認できます。Source : digi-wo.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleカメラの「レンズぼかし」モードで撮影した写真を立体的に見せてくれるWEBサイト「Depthy」がオープン
Galaxy S 5のSuper AMOLEDディスプレイはGalaxy S 4よりも明るく、屋外でもけっこう見やすくなりました
「ATOK for Android」がv1.6.8にアップデート、ジェスチャー入力の感度調節とMyコレのインポート/エクスポートに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP