ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聖子 アイドルデビューした日高のり子気遣い電話番号渡した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1974年からNHK総合テレビで毎週日曜18時から40分間放送されていた伝説の歌番組『レッツゴーヤング』(レッツヤン)。この番組には、田原俊彦(53才)、松田聖子(52才)など当時のトップアイドルが多数出演していた。

 1981年にアニメ『タッチ』で浅倉南の声を担当するなど声優のキャリアが色濃い日高のり子。だが10代の頃はサンデーズのメンバーとしてレッツヤンにレギュラー出演するなど、正真正銘のアイドルだった。

「当時から声に特徴があったせいか、歌のレッスンで音をはずすと目立ってしまい、歌唱指導の先生によく怒られていました。個人レッスンだとさらに厳しくて、よく泣いていたことを覚えています」(日高・以下「」内同)

 当時は事務所に所属しておらず、レコード会社所属だった。

「事務所の先輩がいなかった私を気遣ってか、同じレコード会社だった松田聖子さんが“何かあったら、ここに電話して”と電話番号を書いたメモを渡してくれたんです。その時は天にも昇るような気持ちでした。そのあと、何度か電話でお話をしたんですが、あるとき、聖子さんが“今度、すごく素敵な曲を歌うことになったの。こんな歌詞よ”と歌ってくれたのが『赤いスイートピー』でした。それをレッツヤンで聴いて思わず涙ぐんだことが、今でも忘れられません」

※女性セブン2014年5月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
山田たかお「レッツヤンはアイドルの登竜門で人気計る役割」
松田聖子“元カレ”整体師とビジネスパートナー関係継続報道
太川陽介「レッツゴーヤング」でかぶり物した松田聖子を尊敬

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP