ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「海外にはアキバないからムリ」 ドメスティックな新入社員が過去最高

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本能率協会が2014年度の新入社員を対象に「海外赴任をしたいか」とアンケートを実施したところ、「したくない」と答えた新入社員が57.7%で過去最高となったという。

国内市場の縮小で活路を海外に求める企業が多い中、新入社員は逆に国内志向を強めているようだ。グローバル要員を確保したい大手企業には頭の痛い結果となった。

グローバル化は「会社には好機」と理解しているが
同じ調査で、グローバル化は「日本企業にとって好機」と認識している新入社員は75.3%いるし、グローバル化は「自分も当事者である」と答えた人は78.2%にのぼっている。

それでも「海外赴任をしたくない」ということは、会社がグローバル展開し、同僚たちが海外に行こうとも、自分は日本の会社に勤めたいということになる。ツイッターには、

「日本国内そして東京じゃないとヲタ活できないから、地方と国外には絶対に住みたくない…」「海外にはアキバないからオラもムリ」

といった書き込みも見られる。やはり現代日本の大都市は、いまの若者にとって魅力的な場所なのだろう。回答者からは「海外赴任をしたくない理由」として、次のようなものがあがっている。

「治安や食生活、衛生面で不安を感じるから」(54.5%)
「言葉が通じるか不安だから」(52.0%)
「日本が好きだから」(39.3%)
「家族や友人、恋人と離ればなれになってしまうから」(38.5%)

高度成長期とは異なり、現在の海外赴任地は、欧米ではなく東南アジアやインド、アフリカなど新興国ばかり。成長性は高いが、先進国のような清潔で快適な環境ばかりではないのは確かだ。

海外赴任者「したくない理由は良くわかる(苦笑)」
著書「若者よ、アジアのウミガメとなれ」(ゴマブックス)で、アジアの可能性を説く加藤順彦ポール氏は、ツイッターで現状をこう嘆く。

「(新人のドメスティック化は)大問題の根。解決するには海外赴任で成功してる人の『わかりやすい』事例=ロールモデルをひろく示すしかない」

その一方で、日系企業の上海オフィスに「海外赴任中」というツイッターユーザーは、「記事の中の『海外赴任したくない理由』は全て良く分かる(苦笑)」と心中を明かしている。

あわせて読みたい:こんな上司とは働きたくない!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP