ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホットサンドの具材 隠れベスト3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、注目を集めるホットサンド。2枚のパンに具を挟んで焼くだけだが、ただのサンドイッチとは一味違う! その魅力を深掘りすべく、意外な具材で選手権を開催。エントリーしたのは、和食部門から「肉じゃが」「おでん」「焼きそば」、中華部門から「チンジャオロースー」「麻婆豆腐」、スイーツ部門から「イチゴ大福」「アイス」「ゼリー」の計8品。R25編集部員たちとフードコーディネーターの横塚美穂さんによる試食&投票結果からベスト3を発表しよう。

【大きな図表や画像をもっと見る】

第3位は、「おでん」と「イチゴ大福」。薄切りの大根、こんにゃく、がんもどきを重ねて入れた「おでん」は、まさかの和洋折衷! パンに寄り添うだし汁の実力を思い知らされた。一方、「イチゴ大福」は、トロッとのびる餅の食感、イチゴの酸味も絶妙だ。

第2位は「チンジャオロースー」。濃厚なオイスターソースと肉の脂が、パンとナイスマッチング! タケノコの食感もいいアクセントに。

そして、堂々の第1位は、「麻婆豆腐」。カリカリパンとトロトロ豆腐が口の中で一体に…。ピリリと辛い唐辛子も効いてる!

逆に、イマイチだったのは熱で溶けた「ゼリー」や「アイス」。「肉じゃが」は味が薄く、「焼きそば」に至ってはパンと完全に分離してしまった。横塚さん、これはなぜ?

「パンにマヨネーズを塗れば、焼きそばがもっと生かされたはずです。パンに合う具材には、基本的に『塩気』『脂気』『パンチ』が必要。例えば『マグロの刺身』なら、小さめの角切りにして多めのマヨネーズと粒マスタードであえ、塩コショウを振ったらおいしくなりますよ」

作ってみると、これは高級なツナサンドではないか。マヨネーズがマグロとパンのつなぎになり、粒マスタードの酸味がうまい!! ひと手間が美味への道と心得つつ、キミも新しい味にレッツトライ!
(有馬ゆえ+ノオト)
(R25編集部)

ホットサンドの具材 隠れベスト3はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「麻婆豆腐の素」使うのは手作り?
「ラーメンが具材」のバーガー登場
メンズも作れる「桜グルメ」レシピ
具は牛タン! 「ご当地肉まん」続々
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP