ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真に写ってしまった物語『世間のひと』(鬼海弘雄)【日刊ガケ書房】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

編集部より)新連載『日刊ガケ書房』はじまりました。京都にある人気書店『ガケ書房』の店主である山下賢二さんに、おすすめ本、気になる雑貨、ガケ書房の日常、などを紹介してもらいます。

「世間のひと」鬼海弘雄(筑摩書房)

写真に写ってしまった物語

そこには間違いなく写っているのだけれど。
カメラを透した人間がそこに写っているはずなのだけれど。
その写真の中でこちらを向いているのは、嘘みたいな人たちだ。
劇画から飛び出してきたような、その人たち。
そっぽを向いていても視線を感じる彼らの立像。

彼らの住む街、浅草には馴染みがある。あのくすんだような独特の空気も知ってる。
遠くから見かけただけで、違う時間を生きているんだなとわかる彼ら。
ということは、無条件に被写体ではある。
しかし、鬼海弘雄さんの写真は何かが違う。ただ被写体になりやすい人に
シャッターを押した写真ではない。時代は、昭和40年代から平成24年ごろまで
網羅している。理由は、昭和というフィルターでもなさそうだ。

登場するのは、老若男女。夢と希望に溢れた人がいる。平穏に生きる人がいる。
障害を持った人がいる。長年ひとりぼっちの人がいる。荒い若者がいる。
美人もいる。でも、美人にも人生があるということを想像させられる。
鬼海さんがシャッターを押した瞬間、その人のサイドストーリーが写りこむ。
顔が<肖像>という歴史を俯瞰した形になる。

人間の数だけドラマがあるとは本当のことだと実感する写真集だ。

(『ガケ書房』店主 山下賢二)

この本について

書名:世間のひと
出版社:筑摩書房

『ガケ書房』について

店名:ガケ書房
所在地:〒606-8286 京都市左京区北白川下別当町33
電話:075-724-0071
ウェブサイト:http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/ [リンク]
ここにはその目的の本はありません。
しかし目的外の面白い本があります。

ガケ書房店主 山下賢二の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP