ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleの新カメラアプリ『Googleカメラ』では背景のボケた写真を撮影できる「レンズぼかし」機能が利用できます

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では本日リリースされたGoogle製カメラアプリ『Googleカメラ』に搭載された新機能「レンズぼかし」を紹介します。「レンズぼかし」は、画像中のピントの合った部分の狭い・被写界深度の浅い画像を仮想的に作成できるカメラ機能です。背景をぼかすことができるので、人物や料理といった被写体が際立って見えるようになります。撮影方法は、まずカメラモードで「レンズぼかし」を選択します。

次に、被写体がプレビュー画面のやや下に位置するように端末を構えてシャッターボタンを押します。その後、被写体がプレビュー画面の中央に位置するように端末をゆっくりと上に動かします(画面上にガイドが表示されます)。端末の動かし方によっては撮影に失敗することもあります。成功すると画面中にチェックマークが表示されます。

撮影後は画面を右から左にスワイプしてギャラリーを表示し、画面下部の調節ボタンをタップしてぼかし位置やぼけ度合をスライダーで調節します。撮影に失敗するとギャラリーアプリに「レンズぼかし」アイコンは表示されません。

最後に、「完了」ボタンをタップしてその状態でレンダリングします。

Googleカメラ』(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
日本通信、3つのプランから利用プランを選択できるデータ通信用SIMカード「b-mobile X SIM」のアップグレード版「新b-mobile X SIM」を4月25日より提供
リア・フロントカメラを使って1枚の写真を撮影できるカメラアプリ「Frontback」のAndroid版がリリース
Sony Mobile、Xperia Z / ZL / ZR / Tablet ZのAndroid 4.4アップデートを5月に実施予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。