ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleがAndroid向けに新カメラアプリ「Googleカメラ」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは4月17日、Android向けカメラアプリ「Googleカメラ」をリリースしました。アプリは無料です。Googleカメラは多くのAndroid 4.4以上を搭載したスマートフォン・タブレットで利用可能なカメラアプリです。Nexusデバイスにプリインストールされているカメラアプリをアップデートした形で配信されています。UI周りでは、シャッターボタンのアイコンやフォーカス時のアイコンなどが刷新され、オプションメニューの表示方法も新しくなりました。また、画面を右側にスワイプするとモード選択画面が表示されるなど、全体的にリニューアルされた感じとなっています。機能面では、写真と動画の撮影、360度パノラマ写真を撮影できる「Photo Sphere」機能はもちろん搭載しており、さらに、被写体の背景にぼかしを入れられる「レンズぼかし」機能やグリッド表示機能、一部の機種では「HDR+」モードを利用することができます。今回のアップデートでPhoto Sphere写真は画質を選択することも可能になりました。「Googleカメラ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、台湾で「Liquid E3」を発売、RAMを2GBに倍増
Sony、Androidウォークマン「NW-F800シリーズ」と「NW-ZX1」にDSDフォーマット再生機能を含むアップデートの配信を開始
東芝、UHS-IIに対応した世界最速のMicro SDカードを開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP