ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android向けリモートデスクトップアプリ「Chrome Remote Desktop(Chromoting)」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは4月17日、Android向けリモートデスクトップアプリ「Chrome Remote Desktop(Chromoting)」をGoogle Playストアで一般公開しました。Chrome Remote Desktopは、Androidスマートフォン・タブレットからデスクトップ版Chromeを搭載したPCにリモート接続してデスクトップ画面を表示したり、タッチパネルを介してリモート操作を行えるリモートデスクトップクライアントアプリです。利用するにはデスクトップ版Chromeにサーバ機能を提供する「Chrome リモート デスクトップ」をインストールして「リモート接続」を有効にしておく必要があります。Androidアプリでは、「リモート接続」を有効にしたPCが画面上に表示され、タップして事前に設定したPINを入力するとログインできます。アプリの機能は、PCのデスクトップ画面を表示してタッチパネルで操作すること、CTRL+ALT+DELを送信すること、Androidのキーボードを利用して文字を入力することです。「Chrome Remote Desktop」(Google Playストア)、「Chromeリモートデスクトップ」(Chromeウェブストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5に搭載されたWi-FiとLTEを束ねてダウンロード速度を向上させる「ハイブリッドダウンロード」機能のデモ
「Googleカメラ」には縦位置での動画撮影を防止する警告機能が実装されている
Acer、台湾で「Liquid E3」を発売、RAMを2GBに倍増

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP