ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アシッド・ハウスの30年を凝縮したミックスが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈ニンジャ・チェーン〉の名物ポッドキャスト〈ソリッド・スティール〉。主宰のコールドカットをはじめ、さまざまな関連アーティストがこのポッドキャストにて、DJプレイを披露しているが、今回、この名物ポッドキャストにてアシッド・ハウスの30年史を凝縮したスペシャル・ミックスが公開された。

このミックスは、ロンドンにてその名も〈I Love Acid〉なるイベントを行っているPosthumanが手がけた。

いわゆるアシッド・ハウス誕生を定義つけるDJピエールによるフューチャー名義の「Acid Tracks」。そのリリースは1987年だ。と、なると30年では2017年では……と言う話なのだ。それがなぜ1984年が起点に? 答えはこうだ。1984年とは、まずひとつはアシッド・ハウスに無くてはならないローランドのベースライン・シンセ、TB-303の製造が打ち切られた年であるということと、シカゴにてハウスが作られはじめた年であるということ。このふたつを起点としての1984年というわけだ。製造が打ち切られた年に、その後このガジェットの存在感を増すことになるムーヴメントが起きるとはなんとも皮肉だ。

このミックスでは年代順に“アシッド・ハウス”がミックスされ、フューチャー名義の「Acid Tracks」はもちろんのことURや808ステイト、エイフェックス・ツイン、そしてここ数年のアンダーグラウンド・ダンス・ミュージックのキーワードでもあるロウ・ハウス系の楽曲もミックスされている。さて、TB303の使い方もアーティストによってかなり違う、そんなレパートリーの広さを感じつつ、この数奇な音楽の歴史を体感してみるべし。
(河村祐介)


http://soundcloud.com/ninja-tune/solid-steel-radio-show-1 1-4-1/s-rX3i4

収録楽曲
Chris & Cosey「Dancing Ghosts」Doublevision 1984
Knight Action「R-Trax (Special Mix) 」Let’s Dance 1985
Sleazy D「I’ve Lost Control」Trax 1986
Phuture「Acid Tracks」Trax 1987
808 State「Flow Coma」Creed – 1988
Gene Hunt「Living In A Land」Housetime – 1989
Bobby Konders「Nervous Acid」Nu Groove – 1990
UR「303 Sunset」Underground Resistance – 1991
Acid Junkies「Short On Acid」Djax-Up Beats – 1992
Fred Gianelli「Eloquence」Telepathic – 1993
Armando「Pleasuredome」Trax – 1994
Link & E621「Antacid」Warp – 1995
Woody Mc Bride「The Birdman」Communique – 1996
Ege Bam Yasi「Acid C.I.D. (Sub Version)」Subversive – 1997
Plastikman「Rekall」Minus – 1998
The Black Dog「Psycosyin」Warp – 1999
Luke Vibert「Analord」Planet Mu – 2000
Phuture「Box Energy (AFX Remix)」Rephlex – 2001
Dr Derek F「Chrome Tear」Skam – 2002
Luke Vibert「Love Acid」Warp – 2003
DK7「Slipstream」Output – 2004
AFX「Boxing Day」Rephlex – 2005
The Doubtful Guest「Snoutful (Posthuman Remix)」Seed – 2006
Syntheme「Easy」Planet Mu – 2007
Mark Archer「Riser」Mutate – 2008
Legowelt「Zompy Land」Crème Organization – 2009
Global Goon「Craehzrhd」Balkan Vinyl – 2010
Affie Yusuf「Acid Plaground」Balkan Vinyl – 2011
Cassegrain & Tin Man「Sear」Killekill – 2012
Mark Archer 「Cogzy」Anecdote – 2013
Posthuman「Back To Acid」Body Work – 2014

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP