ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Windows95発売当時の解説ビデオが混沌過ぎる 「タクスバー」「ドロー」など間違いだらけ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


Windows95が発売された当時は、初めてパソコンに触る人も多かったはず。Windows3.1やそれ以前のMS-DOSを触っていた人でも、一新されたインタフェースで新たに覚え直すことが多かった当時。今で言うWindows8のような存在である。

そんなWindows95を購入したユーザーのために、数多くの入門ビデオが各出版社から発売された。その中でも最もカオスな『Video de Windows95』という解説ビデオ。

まだWindows95リリース当初だったということもあったのか、用語を間違えまくっているのである。

タスクバーを「タクスバー」と言ったり、ドラッグのことを「ドロー」と言ったり、最小化ボタンを「マイナスボタン」と説明するなど、今見ると面白い内容になっている。

また解説ビデオの途中から急にタスクバーが巨大化するなど意味不明な現象も起きている。おそらくタスクバーを大きくしたは良いが元に戻せなくなったと予想。

ここに挙げた以外にもまだまだおかしな場所があるので下記の動画を是非ご覧になって欲しい。

<おもしろタイムライン>
タクスバー:4分40秒
ドロー:8分50秒
タスクバー巨大化:17分14秒

Video de Windows95

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP