ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小説、ドラマ、コミック…前代未聞の「BORDERプロジェクト」始動!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 『GO』『SP 警視庁警備部警護課第四係』などの代表作を持つ直木賞作家・脚本家、金城一紀氏原案の警察サスペンス「BORDER」。
 頭に銃弾を受け、生死の境をさまよったことにより、死者と対話できる能力が身についた刑事・石川。この石川というキャラクター設定だけを活かし、テレビドラマ・小説・コミックの3つのフィールド、3つのストーリーで大展開される。

 前代未聞の、この「BORDERプロジェクト」の全貌を明かす公式PVが、公開され、大きな反響を呼んでいる。( http://bit.ly/PBMWjP )

 テレビドラマ版の「BORDER」(毎週木曜よる9時〜テレビ朝日系で放送中)では、死者と対話できる特殊体質を持つ刑事を小栗旬さんが熱演! 自ら脚本を担当した金城氏は、小栗が演じることを念頭に石川という主人公を作り上げた。監督は、『相棒』『探偵はBARにいる』の橋本一氏。金城一紀と橋本一という豪華タッグにより、どのような物語が生まれるのか、要注目だ。

 そして小説版『BORDER』〈KADOKAWA/刊〉は、金城氏の原案をもとに、気鋭の作家・古川春秋氏が書き下ろした。小栗旬さんの写真が入った期間限定カバーで、全国書店にて大きく展開されているので、すでに見かけたことがある人も多いだろう。

 

 主人公は警視庁捜査一課の刑事・石川安吾。主に殺人事件の捜査に従事している。真面目で実直だが、それなりの野心も持ち、警察官という職業に誇りを感じている。そんな石川は死者と交信ができるという能力があった。死んだ人の姿が見え、対話をし、意思の疎通が図れる。石川はこの能力を「コネクト」と呼んでいた。
 この能力を身につけたのは4か月前。ある事件に巻き込まれ、石川はこめかみに銃弾を受けた。一度心臓が止まったが、蘇生処置を受けて息を吹き返し、5日間生死の境をさまよった。奇跡的に一命を取り留めたが、銃弾は頭蓋骨を半周して、脳の浅い部分、脳底動脈付近に留まったままだ。そして、入院中から、病院で亡くなった死者の姿が見え始め、刑事として復帰してからは、死者と「コネクト」して対話できるようになっていたのだ。

 そして、都内の高架下トンネル内で起きた不審な惨殺事件が起きる。被害者の男は全身を刺されていた。現場に駆けつけた石川は、捜査員にまぎれ、場違いなサラリーマンが立ち尽くしているのを見つける。周囲に聴き取られないよう、その男に小声で囁いた。

 「あなたを殺したのは誰ですか?」

 

 「ヤングエース」で連載中のコミック版は、『死刑囚042 』『おっとり捜査』などの小手川ゆあさんが手がけており、コミックス1巻が全国書店にて絶賛発売中。コミックオリジナルキャラクターの警察研修生・遥南(はるな)を加えて、様々な事件に臨む石川の活躍を描く。
 金城氏の原案が、ドラマ、小説、コミックという3つのフィールドで、どのような物語として展開されるのか。

 この壮大なメディアミックスを楽しむために、まずは石川安吾の物語を、小説で読んでみてはいかがだろうか。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
ライトノベルレーベルからコミック誌が誕生
『東京レイヴンズ』作者・あざの耕平さんインタビュー
この作品は外せない 角川書店が文庫本ベスト10を発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP