ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、HTC、Samsungが”ミニフラッグシップ”の発売を計画しているとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile、HTC、Samsungの各社は小型フォームファクターを採用した主力製品を”ミニフラッグシップ”として年内に発売する計画だと台湾メデイアのDigiTimesが台湾に拠点をおくスマートフォンメーカーのサプライチェーン関係筋からの情報として報じました。同サイトの情報元は各社のロードマップから、Sony Mobileからは「Xperia Z2 Compact」、HTCからは「HTC One(M8)mini」、Samsungからは「Galaxy S 5 mini」が投入されるだろうと述べたそうです。また、一部のメーカーは画面サイズを大きくした”Ultra”や”Max”という別モデルの投入も予定していると述べたとされています。さらに、各社は2013年に発売したミニフラッグシップの売上が予想よりも低いことを踏まえて、2014年のミニフラッグシップでは価格設定を変更してくる可能性があるとも述べたとも伝えられています。つまり、2014年モデルは2013年の「Xperia Z1 Compact」、「HTC One mini」、「Galaxy S 4 mini」よりも安いかもしれないということです。Source : DigiTimes



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2 Tabletはタッチバイブレーション搭載で操作時や着信時などに端末が振動します
バッファロー、手首に巻いたり何かに通して持ち運ぶことができるアクセサリータイプのUSBケーブル「BSMPC20BK」を発表
HTC One(M8)のカスタムUI「Sense 6.0」をベースにしたNexus 5用の新カスタムROM「NexSense」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP