ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警視庁がボカロ曲のタイトル公募

DATE:
  • ガジェット通信を≫

警視庁犯罪抑止対策本部の公式ツイッターが、オレオレ詐欺根絶キャンペーンソングのタイトルを公募している。

【画像や図表を見る】

この曲は同ツイッターアカウントのフォロワー7万人突破を記念して、YouTubeの警視庁犯罪抑止対策本部チャンネルに公開されたもの。哀愁あふれる昭和歌謡風の曲調に乗せて、オレオレ詐欺の危険性を訴える曲で、ボーカロイドを使って制作。作詞作曲は警視庁広報課長の小笠原和美さんが担当している。

応募の方法は、ツイッターでハッシュタグ「#犯抑新曲」を付けて、曲名をつぶやくだけ。応募は4月16日までで「関係者による、それなりに厳正な審査」によって、採用される曲名が決定するという。

ツイッターを「#犯抑新曲」で検索してみると、

「思い込まないで」
「落ち着いて、もう一度」
「電話のベルが鳴ったなら」
「哀愁テレフォン」
「オレオレ詐欺~電話口の即興劇~」

など、かなり多くの曲名が応募されている。ツイッター公募の場合、ネタ的な投稿が増えて“大喜利”のようになってしまうことが多いが、今回はどちらかといえば真面目な投稿が多いようだ。

ちなみに、今回のオレオレ詐欺根絶キャンペーンソングは2曲目。1曲目のキャンペーンソング「まさかの坂道」が、すでに警視庁のサイトやYouTubeに公開されている。こちらも、作詞作曲は警視庁の小笠原和美・広報課長で、やはり昭和歌謡風の1曲となっている。
(R25編集部)

警視庁がボカロ曲のタイトル公募はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
初音ミク ピーポくんとコラボか?
「母さん助けて詐欺」はわかりにくい?
パトレイバーの警察ポスターが好評
ロシア警察の超美声ヒット曲カバー
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP