ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スーパーマリオブラザーズ』のキノコのモデルはベニテングダケとの説があります

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『スーパーマリオブラザーズ』でマリオのパワーアップに欠かせないアイテムといえば、スーパーキノコです。コイツさえ食べれば、ダメージを受けても1回までなら平気。死ぬことはありません。

スーパーキノコのデザインは、真っ赤で大きなカサに白い水玉模様。そして茎(柄)の部分に目玉が付いています。改めてイメージすると不気味にも思えますが、そのモデルは実在するベニテングタケらしいです。

確かにベニテングタケはスーパーキノコと同じ容姿をしていますね。でも開発者の宮本茂さんは『不思議の国のアリス』から着想したと話しているらしく、そうなるとベニテングタケがモデルじゃないかも?

調べてみると、それでもスーパーキノコはベニテングタケがモデルの可能性が高い事が分かりました。なぜなら、『不思議の国のアリス』のキノコもベニテングタケをモデルにしていると言われているからです!

ベニテングタケ

不思議の国のアリス

スーパーキノコ

直接ベニテングダケをモデルにした訳ではなく、ワンクッションおいて『スーパーマリオブラザーズ』に取り入れられたようですね。因みにベニテングタケを食べても強くならないので食べないで下さいね。むしろ毒で苦しみます……。
 
ベニテングダケ(フリー写真素材集 旅Photo)

※この記事は、ゴールドラッシュの「rurico」が執筆しました。[リンク]

ガジェ通ゴールドラッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。