ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウナギの頭から尻尾まで食べられる串焼き専門店に西川史子が上機嫌

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月13日の「サンデー・ジャポン」(TBS系、毎週日曜午前9時54分)の“おひとり女が居酒屋を放浪する”というコーナーで、医師でタレントの西川史子さんとタレントの杉村太蔵さんが「カブト」(東京都新宿区)を訪れた。

 西川さんたちがやって来たのは、東京・新宿にある「思い出横丁」に店を構える「カブト」。ウナギの頭から尻尾までを食べられるという串焼き専門店で、まずは焼酎を飲み西川さんは「うまいね」と笑顔を見せた。カウンターに置いてある梅シロップで焼酎を割ってもいいそうで、西川さんはさっそく試すと「おいしい」とコメント。店主に話を聞くと、最近では若い女性の一人客が増えているという。西川さんは、うなぎのさまざまな部位(5種類)の串焼きセット「一通り」を注文した。60年以上注ぎ足されているというタレで焼かれ、ウナギのおいしさを余すことなく堪能できると評判の品だ。

 背びれ、腹びれ、尻尾というひれ焼きをほおばった西川さんは、思わず「何これすごくおいしい」と驚いた。初めて食べたという、ウナギのさまざまな部位の串焼きのおいしさに西川さんは上機嫌だった。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:カブト (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:新宿×居酒屋のお店一覧
池谷幸雄が「見たこともない焼き肉」と語る骨付特上カルビ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP