ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterクライアント「Talon」がv2.2.3にアップデート、タイムラインの全画面表示や複数画像の投稿、内蔵ブラウザのテキストモードなど、複数の新機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けのTwitterクライアント「Talon」がv2.2.3にアップデートされました。今回はメジャーアップデートとなっており、複数の新機能が追加されています。v2.2.3では、「UI設定」に「全画面」オプションが追加され、ツイートを吹き出しではなく、(他のTwitterアプリのように)画面全体で表示できるようになりました。ツイートの文字が拡大されるので、見やすさを重視する方は試してみてはいかがでしょうか。また、内蔵ブラウザに「プレーンテキストモード」が追加され、開いたリンク先を画像とスタイルを削除したテキストモードで閲覧できるようになりました。パケット通信中はデータ使用量の削減にもつながります。さらに、最近Twitterがサポートした投稿への複数画像のアップロードにも対応しました。ほかにも、タイムラインにおける「画像の先読みキャッシュ」オプションや下書き機能、DMにおけるTwitPic経由の画像の表示機能が追加され、様々な不具合の改善も行われました。「Talon」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「Xperia Z1 SOL23」と「Xperia Z Ultra SOL24」のソフトウェアアップデート配信を一時中断、フェイスアンロック機能で不具合発生
LGは「LG G3」を6月に発表し、7月に発売することを計画?
LINEのAndroid版にスタンプとしても利用できる新絵文字「Sticons(スティッコン)」が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP