ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

So-net、プリペイド式SIMカード「Prepaid LTE SIM」を4月22日に発売、関空では自販機を使って販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

So-netは4月14日、同社のモバイルデータ通信サービスの新製品として、プリペイド式SIMカード「Prepaid LTE SIM」を発表しました。発売日は4月22日です。「Prepaid LTE SIM」は、NTTドコモのFOMA/Xiに対応したデータ通信専用のSIMカードで、前払い式で提供されます。サービスプランは、100MBがチャージされた「プラン100M」(3,000円)と500MBがチャージされた「プラン500M」(5,000円)の2種類。どちらのプランも通常サイズ/Micro SIM/Nano SIMの3種類のSIMカードが用意されています。購入時のデータ通信量を使いきった場合でも追加チャージ分を購入することで継続利用できます。チャージプランは、200MBの「チャージ200M」(1,500円)、500MBの「チャージ500M」(2,000円)、1GBの「チャージ1G」(2,838円)の2種類です。Prepaid LTE SIMは訪日外国人向けという意味合いの強い製品で、成田国際空港 第一ターミナル・第二ターミナルのモバイルセンター、あきばお~各店、ラオックス 秋葉原店、ビックウエスト・インターナショナル(池袋)の店頭販売のほか、関西国際空港(1F国際線到着階)では自動販売機でも販売されます(国内初らしい)。また、4月25日にはBOOK OFF新宿西口店、5月中旬には新千歳国際空港でも発売されます。Source : So-net



(juggly.cn)記事関連リンク
LINEのAndroid版にスタンプとしても利用できる新絵文字「Sticons(スティッコン)」が追加
LG、香港で「LG G2 mini」の発売を発表、価格は2,998香港ドル(約39,800円)
総務省、全国の統計データを閲覧できるAndroidアプリ「アプリDe統計」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP