ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 OPPO、Snapdragon 400を搭載したLTEスマートフォン「OPPO R1S」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー OPPOが「OPPO R1」のLTE版となる「OPPO R1S」を開発しているそうです。昨年12月に発売された「OPPO R1」は、厚さ7.1mmの薄型ボディに、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、MediaTek MT6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、背面に800万画素カメラ、前面に500万画素カメラなどを搭載した3Gモデルでした。今回の「OPPO R1S」は伝えられているところによれば、OPPO R1のプロセッサをSnapdragon 400 MSM8226 1.6GHzクアッドコアに改装し、TD-LTE方式にも対応させているとのこと。他の仕様は基本的にOPPO R1と共通している伝えられています。この情報を伝えたMyDriversでは、OPPO R1Sのバックカバーの写真も公開されています。さらに、その寸法まで計測されており、縦139.8 x 横67.5 x 厚さ6.7mmであることが確認されました(バックカバーの寸法なので本体サイズよりも小さいです)。Source : MyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
RealNetworks、Android向け「RealPlayer Cloud」の日本語版を日本向けサービス発表の直前にリリース
NTTドコモ、「Galaxy S 4 SC-04E」のソフトウェアアップデートを開始、Sプランナーのエラーメッセージ問題に対処
Samsung、Galaxy S 5(SM-G900F)にND1ビルドのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP