ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徳島の郷土料理「鳴ちゅるうどん」 地元ではおかずのひとつ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月13日の「日本!食紀行」(テレビ朝日系、毎週日曜午前6時)で、今注目を浴びている徳島の郷土料理「鳴門うどん」を特集し、「あそこ食堂」(徳島県鳴門市)を紹介した。

あそこ食堂は、創業からまもなく半世紀を迎える、地元の新鮮な食材を使ったおかずが並ぶ昔ながらの食堂。人気のメニューは、郷土料理の鳴門うどん。この店では、ご飯を主食に、うどんをおかずのひとつとして食べるのが定番。常連客は「うどんは食わな、あかん」とコメントした。

鳴門うどんは、地元では「鳴(なる)ちゅるうどん」と呼ばれている。麺の生地をできるだけ薄くし、手で麺をちぎることにより不ぞろい感を出し、ほぐすことで自然なねじれが生まれるという。つゆはたっぷりのかつおダシとしょうゆ風味で、刻んだ油揚げとネギを乗せればできあがる。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:あそこ食堂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:鳴門市のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:鳴門市×和食のお店一覧
徳島の郷土料理「鳴ちゅるうどん」 地元ではおかずのひとつ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP