ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NYディスコ/ハウスの守護者、ハーキュリーズ&ラヴ・アフェアの新作が5月28日配信開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨークのアンダーグラウンド・ディスコ~ハウスの系譜の、ある意味で正統な末裔とも言えるハーキュリーズ&ラヴ・アフェアの新作がアナウンスされ、OTOTOYでの配信も5月28日開始することが決定した。

DJのアドリュー・バトラーが率いるハーキュリーズ&ラヴ・アフェア(以前にはヘラクラス&ラヴ・アフェアと日本語表記されていたことも)。彼らは〈DFA〉から、2008年にリリースされたファースト・アルバムにて、さまざまなメディアで高い評価を受け、また現場的にもアントー&ザ・ジョンソンズのアントニー・ヘガティのヴォーカルをフィーチャーしたシングル・カット「Blind」が大ヒット(故フランキー・ナックルズのリミックスもすばらしい)した。名実ともにダンス・シーンのトップ・バンドへと躍り出た。

彼らはそのメンバー含めて、NYのゲイ・カルチャーとも近い存在で、まさにその存在自体がシカゴやNYのハウス・ミュージックの源泉となったアンダーグラウンド・ディスコの伝統を想起させるものだ。快楽的で妖しく猥雑な、当時のカルチャーの魅力を今様にアップデートし、伝える存在と言えるだろう。

2011年にリリースしたアルバム『Blue Songs』に続いて、3年ぶりの新作『The Feast of the Broken Heart』をリリース。すでに、先行楽曲「Do You Feel The Same?」がYouTubeにて公開されている。シカゴ・アシッドと、ソウルフルなヴォーカルが絡むエネルギッシュなハウス・トラックを奏でている。さて、アルバムはどうなるか?
(河村祐介)

ニュー・アルバムより「Do You Feel The Same?」

https://www.youtube.com/watch?v=1T5bDPFRQS4

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP