ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

HTC One(M8)用純正ケース「Double Dipハードシェルケース」を入手

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スマートフォン・タブレットのアクセサリーショップ Mobile Funで先日発売されたHTC One(M8)用の純正ケース「Double Dipハードシェルケース」を入手しました。「Double Dipハードシェルケース」は、3ピース構成のポリカーボネート製ハードシェルです。物にぶつけたりや擦ったり、落下した場合に本体を保護することを重視した製品になります。価格は2,850円でした。Double Dipハードシェルの同梱品は、HTC One(M8)の大部分を覆うパーツと上下のパーツです。上下のパーツは色違いで2色ずつ入っていました。

ケースは硬質な素材で出来ているのですが、思ったほど厚くありません。内側にはHTC One(M8)を保護するゲルのような素材が敷かれています。ケースの取り付け手順は、本体パーツをスライドさせるようにHTC One(M8)を装着し、後から上下のパーツをハメ込むという流れです。パーツとの繋ぎ目はツメで固定されるので、簡単に外れることはありません。しかし、ケースの構造を考えると仕方ないと思いますが、パーツの接合部分が若干ぐらつく感じはします。

装着後はこんな感じです。背面から側面をケースが覆っています。先ほども言いましたが、これは薄手のケースなので、手に持った時にサイズが増したような感触はさほど感じませんでした。ケース表面はややソフトタッチ仕上げになっていて良い手触りだと感じました。

純正品ということで、カメラや側面のボタン・端子のクリアランスはバッチリです。

上下のパーツは2色ずつ入っているので計4パターンの組み合わせを試すことができます。

次の写真をご覧になればわかると思いますが、ケースの端がHTC One(M8)のエッジから若干ハミ出ており、HTC One(M8)をうつ伏せにした時に地面がディスプレイに直接触れることはありません。端末を落とした場合も同じことが言えると思います。



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCはHTC One(M8)のプラスチックバージョンを近々発表?ButterflyシリーズがHTC Oneに統合されるという噂も
NTTドコモ、「スマートフォン for ジュニア SH-05E」のソフトウェアアップデートを開始、デバイス管理機能の不具合に対処
Moto X+1で選択可能なバックカバーの素材・カラー情報が伝えられる、レザー4色が新たに追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。